降りてくる言葉たち

悲しみは悲しみをもって癒すことができる

悲しみは悲しみをもって癒すことができる

悲しいという気持ちを押し殺してはいけない

悲しいという気持ちを認めて

受け入れてあげる

悲しいという気持ちを感じている自分に

寄り添ってあげる

ただそばにいて

悲しいという気持ちを感じているという

自分を見守る

悲しんで涙が出て

嗚咽が止まらないのなら

嗚咽している自分を見守ってあげる

自分が悲しんでいるということは

悲しみをもってしか癒すことがでない

あなたがその感情から目を背けたら

一体だれがあなたの代わりに

あなたの悲しみを処理できるのだろう?

あなたが泣くのは

あなたが生きている証拠だ

あなたが悲しいのは

あなたに心がある証だ

あなたは

人間として生まれてきて

人間として生きて

人間として

「今というこの瞬間」

を体験している

「この瞬間にいる自分」

自分の言動1つ1つや

感情の変化

体調の変化

気分の変化

そういった自分の全ての要素を見つめて

 

ただそれが

「自分」なのだと

それもすべて含めて

「自分」

なのだと

そうやって自分を

1つ1つ

一度に一つずつ

理解していけばいい

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。