Q&Aコーナー

根源の愛とは?神の愛とは?天使の愛とは?

今日は質問に応えたいと思います。

『根源の愛とは?神の愛とは?天使の愛とは?簡単に言ってどの様に理解したら良いのでしょうか?私達人間には、生まれ持った、人に優しくしたいという思いは、幼き頃からは、持っていますが。何かしら大人になるにつれて、幼き頃の純粋な思いが、遠ざかっていくような気がいたします。それは、何故でしょうか?』

Hさんより

この質問は哲学的要素を含みますね。
可能な限りの見解をお伝えします。

『神』とは

あなたが信じている存在です。

天照大神でも、イエスキリストでも、あなたの内なる神でも、ソース、大いなる源、サムシンググレート、太陽でもなんであっても

あなたが唯一
絶対的に信頼できる存在


それが神です。

日本人はほとんどが仏教であり多神教なので、たまに、誰かや何かに対して『神か!』と冗談でツッコミを入れることがありますね。ここで言う神は、神様のように素晴らしい!という意味だと思います。少なくともわたしはそう言う意味で使います。


あなた自身がもし自分と言う存在が

『神と切り離された』『見捨てられた』

と思い込んでいると


諦め、孤独、絶望、悲しみ、怒り、嫉妬、不安、心配、疑い、など

『恐れ』

に基づいた感情が湧き上がってきます。

『何かしら大人になるにつれて、幼き頃の純粋な思いが、遠ざかっていくような気がするのは何故か?』と質問にありますが

もともと

『恐れ』の感情は

天敵や災害などから、身の危険を感じたときに
自分や家族を守るために機能していました。

ホメオスタシス

です。

『恐れ』は私たちを過剰に守り、
自己防衛的衝動によって、
現状から変化しないことを選びます。


文明が起こり経済が発展した結果 
社会的に周りと自分が調和していなければ、
危機感を覚えるようになりました。

今日の私たちは、周りに同調し、
人と違わないように他人に合わせること、
多数派の意見に従うことが
生きる術だ
と思い込むようになったのです。

『恐れ』が

当たり前のようにあなたと共存しているのは
まぎれもない事実です。

しかし私たちは

『恐れ』

に対してどのように反応するかを

自分の意思で決めることもできます。

  • 信頼したら誰かに裏切られるのではないか?
  • お金持ちになったら人から妬まれるのではないか?
  • 好きだと思いを伝えてフラれたら立ち直れないのではないか?
  • スピリチュアルな力を公にしたら
  • あのときのような拷問を受けるのではないか?

私たちはありとあらゆる『恐れ』によって
自分を守りながら生きているようにみえます。

しかし
『恐れ』こそが幻想であり
絶対に耳を傾けてはならない声なのです。


共存していても、『恐れ』の声に自らの意志で

耳を傾けないと決めることもできるのです。

愛は『恐れ』を凌駕します。

なぜなら

『愛』とは


『神とあなた自身との繋がりそのもの』であり

『揺らぐことのない、途絶えることのない
 神への絶対的信頼』
    だからです。

『神への絶対的信頼』=『無条件の愛』

があなたにあることを思い出せば

諦め、孤独、絶望、悲しみ、怒り、嫉妬、不安、心配、疑い、などといった

『恐れ』に基づいた感情によって

自分や他人を判断したり

差別や比較をしなくなります。


そうなってくると

『あなたが神と切り離されてしまったのではないか?』

という思考そのものが

『幻想』であるため

『幼き頃の純粋な思い』=『無条件の愛』

を取り戻すことができます。

だからみんな『愛』『ワンネス』『神』が大好きなんです。

全ては同じで、

わざわざ分類して分け隔てようとするから苦しみが生まれます。

『信じれば救われる』というのも

そういうことなのです。