コラム,  スピリチュアル

エネルギーワーク・ヒーリングについて

自分の3次元の人間の肉体ではなく、魂である5次元以上の領域の高次元意識体のことを『ハイヤーセルフ=高次元の自己』と呼びます。

エネルギーワークやヒーリングは、ハイヤーセルフ以上の領域で行われます。

天使・大天使・エロヒム・銀河の医療チーム、ライトワーカーがライトワーク活動を地球上で行う地上クルーとして活動する際にチームとして多次元領域でサポート・待機してくれているあなた独自のスピリチュアルガイドチームや、宇宙規模で光の勢力として活動しているサイキックサージェリーのプロフェッショナル医療チームなどによって行われる肉眼では見えない調整・調律・手術のことです。

単純に、宇宙のエネルギーを体内に取り入れて、不自然な状態を自然な状態に戻すことを示す場合や、肉体と連動している目に見えない肉体を手術する宇宙的な医療行為を示す場合があります。

エネルギーワーク中は、整体やマッサージのように体には触りませんが、エネルギーボディが動かされているために、実際に触られているような感覚がしたり、体が動いたりすることもあります。

エネルギーを肉体にグラウンディングさせるために、直接的に手を体に触れる場合もあります。

地球のマトリックスにおいて、不自然で機能不全になっている人体を、本来あるべき自然な状態に戻し、整え、調律、施術するために、

目に見えない量子領域において、

不自然で乱雑な配置・配列のものを、整理整頓された純粋な配置・配列に組み直したり、バラバラにされたDNAを配置し直したり、エネルギーボディの穴を修復したりと、目に見えない領域での外科的な手術をしたりします。

肉体とエネルギーボディは何層にも重なり合っていて、鍼級のツボのように、いくつか連動している箇所があります。

エネルギーボディーの変異は肉体に連動しているために、エネルギーボディを調律、調整することで、3次元上の肉体や細胞、脳の機能などにも影響が及びます。

エネルギーワークでは、一度に1つのテーマに集中します。

イメージしやすいように、ヘアサロンを例にあげてみます。

髪のキューティクルや細胞に焦点を当ててみましょう。

ブリーチ、パーマ、カラー、を一度に行うと髪に負担がかかり傷みます。

パーマがうまくかからなかったり、すぐにとれたり、数日後、数週間後には乾燥して、うねり、切れ毛や枝毛が多くなり、メンテナンスが大変になるリスクがあります。

髪を美しくしたくて美容院へ行ったのに、一時的な見た目にとらわれて、髪の細胞や健康的な美しさ、数年後の状態まで考慮に至らず、髪を痛めてしまっては本末転倒です。

そうならないためにも、自分が髪の毛をどうしたいのか?イメージし、方向性が分かった上で、自分から美容師に相談しなければ、美容師はどうすることもできません。

それがわかっていれば美容師はスムーズに手立てを考えることができます。

この場合、本人の日常習慣や好み、髪の特徴などを理解した上で、必要な施術内容をカスタマイズし、どのような手順にするかを決め、必要であれば、インナーバストリートメントやアウトバストリートメント、ヘアパック、ヘアオイル、乳液、口から取り入れる栄養、使用するドライヤーやヘアブラシ、洗髪方法、乾燥から保護する工夫アドバイスなどの技法を相乗的に組み合わせるように、必要な処方、補助的な処方を見分けて、施していくのが美容師の仕事です。

しかし、全ての美容師がこれらを全て把握しているわけでも、サービスを提供しているわけでもありません。

それは美容師個人の経験や知識、技術、ホスピタリティ、使命、責任の範囲やヘアサロン自体の運営方針に委ねられているからです。

このように、ヒーラーは、目に見えない領域で、人体のエネルギー構造に対して、セルフケアの手段を提供するために、包括的なバランスをチェックしたり、スピリチュアルガイドやハイヤーセルフと連携し、適切な処置を行います。

ヒーリングやエネルギー施術では、どこからどこまで必要か?などは全てハイヤーセルフとスピリチュアルガイドが決定します。ヒーラーは可能な限りエゴを削ぎ落とし、クリアな導管の役目を果たし、今に集中します。

施術媒体者であるヒーラーがハイヤーセルフ、スピリチュアルガイドとの意思疎通をとれているか、ヒーラーと受け手とスピリチュアルガイドとの境界線と責任の範囲を理解していることも重要です。

プロのヒーラーはエネルギーの媒体者で、水道管のようなものであり、原型のエネルギーを十分に流せるだけの、純粋さとクリアさ、明晰性を保ち、長期的なエネルギー施術に耐えられるだけの今にある意識と体力と忍耐力と集中力を養い保持することが求められます。

ヒーリングの受け手は、ヒーリングの場をつくる共同創造者です。

ヒーリングを行うヒーラーに対し、信頼し、委ねながらも、カウンセリングや自己開示により自分への理解や難所の明示をすることにより、

ハイヤーセルフ、スピリチュアルガイドたちが、どのようなエネルギーワークを、どう活用し、どのように方向づけするか?を決定する判断材料の基準となります。

また、ヒーリングを受ける行為は

スピリチュアルガイドやハイヤーセルフとの意思疎通を深め、魂を癒し、余計なものを削ぎ落とし、ライトボディを覚醒し、魂の記憶を思い出して、三次元の幻想マトリックスから脱出し、本来の才能、能力を活用し、地球にきた目的を果たしていくための、魂のリハビリテーションそのものです。

ヒーリングは、魂にとって、人生(魂存在の連続性)というマラソンの途中で欠かせない、水分補給所、栄養補給所、休憩所、保養所の役割を果たします。